サイトメニュー

実は様々な種類がある

顔に触れる女性

美容整形での治療法は

一言でほくろと言っても実は種類があります。医学的には単純黒子と色素性母斑の大きく分けて2種類がありますが、色素性母斑の中にも境界型、複合型、真皮内型などほくろができる場所などによって細かく型が分かれます。また、一般的に素人でも分かりやすい種類に分けると、先天性と後天性の2通りがあります。生後間もない赤ちゃんには実はあまり黒子が見られませんが、先天性のものは胎児の時点で元となるものが発生していると言われています。思春期までの成長過程で目に見える形で発生するのが先天性の黒子です。一方の後天性の黒子は日々の生活の中で浴びた紫外線などが原因となり思春期以降に発生したものを言います。先天性のものと一見区別はつきにくいです。また、大人になってからできた黒子でも急に大きくなったものや痛み・出血があるものなど気になる病変がある場合はメラノーマと呼ばれる悪性のものである可能性があります。診断の結果良性であった場合も気になるものは美容整形にて除去治療を受ける事が出来ます。心配な場合は除去方法の相談等も含めて一度受診してみると良いでしょう。気になるほくろは美容整形もしくは美容皮膚科にて除去する治療を受けることができます。美容整形において受けられる治療にはいくつか種類があります。専用の器具を用いてほくろを取り除く「くり抜き法」や、メスを使って切開および縫合を行う「切開法」は効果の確実性を見込める安心の治療方法です。大きいものや膨らみのあるほくろに向いています。また、悪性の可能性がある場合など、除去したものを検査に出す時にもこの方法が適しています。また、その他ではレーザー治療があります。昨今人気があるのはこのレーザーです。黒子の状態によってQスイッチヤグレーザーや炭酸ガスレーザーなどを使い分ける事になります。レーザーは黒子のみに照射する事が出来、なるべく周りの皮膚に刺激を与えない治療が可能です。状態によっては1度の施術ではなく、複数回に分けてレーザー照射を行う事でより綺麗に除去する事が出来る場合もありますので、カウンセリングの時点でしっかり相談すると良いでしょう。更に、他にも電気分解法などクリニックによって出来る治療方法は異なります。

Copyright© 2018 ほくろを除去してスベスベ肌をゲット【美容整形が人気】 All Rights Reserved.